二重まぶたなら神戸のDESIGIN LABO Premium > 二重まぶたコラム > お役立ち > 自然さ?目の大きさ?末広型二重と平行型二重の違いを徹底解説

2016.02.23

自然さ?目の大きさ?末広型二重と平行型二重の違いを徹底解説

誰もが悩む二重のデザイン!

二重手術を検討している患者さんは、ファッション雑誌やテレビに出ているモデルさんを見ながら「どういう二重を先生にオーダーしたら良いだろう?」と考えている傾向があります。

二重まぶたのデザインは先生と一緒にシミュレーションをしながら決めるのが理想となりますが、予備知識として自分の理想イメージに近い二重の種類を把握しておくことも良いコミュニケーションや仕上がるに繋がると言えるでしょう。

今回は手術によって形成することのできる二重まぶたの種類について、詳しくご紹介していきます。

手術で作れる二重は大きく分けて2種類!

二重整形手術で作ることのできるまぶたは、末広型と平行型の2種類です。

二重のラインが蒙古襞に入り込んでいる末広型は、日本女性との相性の良い二重のデザインとして定評のある存在となっています。

これに対して蒙古襞とは無関係に二重が広がっている平行型は、ハーフや華やかな二重を求める人におすすめのデザインです。

ファッション雑誌などを見ていると、さまざまな二重のタイプがあるように感じられるかもしれませんが、実際はこの2種類がベースになることを覚えておくと分析などもしや少なると言えるでしょう。

自然な目元を求める人には末広型!

すっぴんのように自然な仕上がりを求める人には、日本人のスタンダードとも言える末広型の二重がおすすめです。

末広型の二重は平行型と比べて落ち着いた印象となりますので、アラサー、アラフォー以上の皆さんにもマッチするデザインと言えそうです。

また和服との相性も非常に良い特性があるため、日本女性らしい装いをする人にも似合いやすい目元になると言えるでしょう。

ギャル風の目元を求めるなら平行型!

20代前半ぐらいの女性は、パッチリとした強めの目元に仕上がる平行型の二重を希望する傾向が高いです。

平行型の二重にすると、日本女性特有の地味めな印象を回避することもできますので、イメージチェンジの一環として二重手術に挑戦するのもおすすめと言えるでしょう。

日本女性の大半は末広型の方が手術を行いやすい傾向があるため、はっきりとした平行型を求める場合は切開法を提案されるケースが多いと言われています。

蒙古襞を活かせる二重は末広型!

蒙古襞の延長上に二重が広がる末広型は、埋没法を用いたプチ整形に適した二重デザインです。

末広型は蒙古襞というコンプレックスを上手に活かした目元を作れるため、ハーフのような印象となる平行型と比べて効率の良い二重デザインであると言えるでしょう。

二重整形手術の費用や手間は蒙古襞の有無が大きな影響になることは少ないと言われていますが、プチ整形の確実性を求めるなら無難な末広型を選んだ方が良いこともあるかもしれません。

平行型と末広型の芸能人はどんな人?

美容整形業界で平行型の二重と言われている芸能人は、深田恭子さん、佐々木希さん、浜崎あゆみさんなどの華やかで強めな目元を持つ方々です。

これに対して末広型の芸能人は、松たか子さん、綾瀬はるかさん、上戸彩さんという日本女性らしい目元をしている方々となります。

美容クリニックのドクターは雑誌などを見ただけで、「この人は○○型です」という判断ができますので、気になっている女優やモデルさんがいる場合はカウンセリングの際に写真を見せてみても良いでしょう。

二重は幅によっても印象が大きく変わる!

二重によって作られた目元の印象は、これまで紹介した2つの種類以外に「二重の幅」も大きく関係します。

一般的な手術では1~2mm程度の二重形成が行われていますが、アイシャドウをたっぷり塗れるような幅広二重が気になる場合は、「2mm以上の二重ではどうなりますか?」という質問をしてみてください。

あまりにも太すぎる二重の場合は、眠そうな印象になることもありますので、先生とのシミュレーションを通して理想の目元を追求するのが理想と言えるでしょう。

二重のデザインはドクターと一緒に決めるのが理想!

理想とする女優やモデルさんの二重が「自分にも似合うのか?」というのは、シミュレーションを通して先生と一緒に判断することです。

たくさんの二重形成手術を行っているドクターは、センスの良い目元の提案ができますので、メリット・デメリットを含めてしっかり話し合いをするべきと言えるでしょう。

自分の中では「絶対に平行型二重にする!」と張り切っていても、実際にシミュレーションをしたところ「末広型の方が似合うかもしれない!」と考えが変わることもありますので、即決せずにゆっくり悩むことも納得の仕上がりにするには大事な策と言えそうです。