2015.12.07

構造から考える奥二重とは?

奥二重の特徴を把握して自分に合ったメイクに挑戦!

クッキリ二重と比べてぼんやりとした印象になりがちな奥二重は、多くの女性のコンプレックスになっている存在です。

その構造がわからない人の場合は、自分の目元に対して一重と勘違いしていることもあるため、注意が必要です。

今回は意外と知られていない奥二重の構造や仕組み、適したメイクなどを紹介していきますので、憧れの目元を作る際の参考にしてみてください。

奥二重とは?

奥二重とは、まぶたの溝とまつ毛の幅が非常に狭く、二重のように見えない状態を指します。

奥二重になってしまうと、アイラインやアイシャドウによる効果が得られにくくなるため、多くの女性がアイメイクの難しさに悩んでいる傾向があります。

また綺麗な二重と比べて目の印象もキツく見えることが多いため、中途半端な状態に苦悩して美容クリニックに相談する方々もいるようです。

どうして奥二重が生じるのでしょうか?

奥二重になる人は、まぶたの脂肪が多い傾向があります。

またまぶたは浮腫みやたるみなどが出やすいパーツのため、疲労の蓄積や血行不良によって「普段の二重まぶたが消えて奥二重になること」もあるのです。

まぶたの皮膚は体の中で最も薄い難点があるため、保湿ケアやメイク落としを怠っただけでも、綺麗な二重が消滅して奥二重になるということを覚えておいてください。

特に乾燥性敏感肌の皆さんは、デリケートな皮膚に炎症が生じやすい特徴がありますので、乾燥の酷い冬期間はアイクリームなどを塗ってスペシャルケアをした方が「二重に良い環境」がキープされやすいと言えるでしょう。

奥二重は一重よりも二重まぶたを作りやすい!?

「二重が隠れて見えないだけ」とも言える奥二重は、完全に一重の方々と比べて二重まぶたを作りやすい利点があります。

特に過去に二重だった時期がある人の場合は、体調不良や体質の変化によってまぶたに腫れや浮腫みが生じているだけとも言えますので、マッサージや温冷タオルを使うことで奥二重の症状が改善することもあるのです。

また時折奥二重になる際には、眼精疲労による目元の緊張なども考えられますので、目をしっかり休めることも大事なケアになると言えるでしょう。

奥二重の人が日々できるケアとは?

奥二重のケアとして最適なのは、「目元の脂肪を落とすこと」です。

目元の血行を改善するマッサージには、老廃物を流すことで脂肪の燃焼を高める作用があります。

また温タオルをあてることで、目の周辺の代謝を高める作用も得られますので、日中のメイクだけでなく朝や夜のケアをきちんと行った方が良いと言えるでしょう。

目を大きく見開いて眼球を動かすと、まぶたの筋肉を鍛えることも可能となります。

このような取り組みを毎日行っていると、次第に二重が多く見えるようになってきますので、目元の印象を高めるためにも最低でも3ヵ月は続けるようにしてください。

奥二重の活用法!オルチャンメイク!

目の際ギリギリに引くアイライナーと明るい色のシャドウを使ったオルチャンメイクは、奥二重の皆さんにおすすめのメイク法です。

2015年のトレンドとも言えるオルチャンメイクは、美容メディアやYoutube動画でも紹介されていますので、まずはメイクグッズ集めから始めてみてください。

今風のオルチャンメイクをしていると、奥二重特有のコンプレックスがなくなり、自分の顔に自信を持てる方々も非常に多いと言われています。

奥二重でも二重整形手術はできるのでしょうか?

奥二重の皆さんでも、二重整形手術は可能です。

まぶたの脂肪が少ない場合は、メスを使わない埋没法によって10~20分ほどで二重まぶたを作ることができます。

またまぶたの周辺に脂肪が多い時には、切開法を使った確実性の高い手術がおすすめとなりますので、まずは美容クリニックで無料のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

半永久的に二重まぶたをキープできる切開法には、部分切開法と全切開法があります。

切開部位の少ない部分切開法には、まぶたの脂肪を全て除去できないという難点がありますが、その代わりに傷の回復なども早いため、手術に対する不安の大きい人でも安心してチャレンジできる存在と言えそうです。

また大き目の切開をする全切開法の場合は、まぶたに溜まった脂肪を全て除去することができますので、マッサージなどをしても全く効果のない人でも綺麗な二重まぶたが手に入る手法と考えて良いでしょう。

まとめ

中途半端な存在として知られる奥二重ですが、毎日のケアやオルチャンメイクを活用することで、理想的な目元を作ることもできそうです。

また近年では二重整形手術を行う美容クリニックも増えていますので、諦めずに自分の悩みを相談してみてください。