二重まぶたなら神戸のDESIGIN LABO Premium > 二重まぶたコラム > お役立ち > 二重まぶたの定着方法における間違い

2017.04.20

二重まぶたの定着方法における間違い

間違った方法では二重まぶたの定着は難しい

一般人でも簡単に美容ブログを作れる今の時代は、安く簡単に二重まぶたを作りたいと考える皆さんでも、さまざまな美容法と出逢いやすくなっています。

しかしこうした情報を参考にしながら二重作りを行う際には、「本当に効果の得られる正しい方法なのか?」といった部分を確認しなければなりません。

特に素人が公開する美容法の中には、間違った考え方によって副作用や皮膚トラブルが生じるものも多く存在していますので、そういった情報を選別する力も必要だと言えるでしょう。

まぶたのマッサージで二重を作る方法の間違い

まぶたをマッサージすることで血行不良を改善する方法は、多くのブロガーが紹介しています。

この方法で二重作りを行う際には、筋肉を破壊するレベルの強い力を加えないことを注意するようにしてください。

またまぶたに何も付けずにマッサージをすると、指と皮膚との摩擦によって目元に赤みなどが生まれますので、必ず潤滑油となるクリーム等を塗布することも忘れないようにしてください。

アイプチで二重の定着方法の間違い

寝ている間に行う二重癖つけで用いられるアイプチも、多くの注意点のあるアイテムです。

アイプチをまぶたに塗る時には、あまり多すぎにならないように注意をすべきです。

たくさんの糊を目元に塗ってしまうと、本来の二重作りに必要のないところにまで、負担をかけることになります。

また乾くまでに時間がかかると、それだけ癖つけもスムーズにできなくなりますので、アイプチの場合は「たくさん塗れば良い」というわけではないことを忘れないようにしてください。

アイプチ使用による二重定着はどのぐらい続ければ良いの?

アイプチの活用で二重になった人のブログを見ていると、そのほとんどが1ヶ月前後で理想の目元を手に入れている実態に気付かされます。

これに対してまぶたの脂肪が分厚く、二重ラインが全く存在しない人の場合は、アイプチとマッサージを併用しても二重まぶたの定着は難しいと言えそうです。

こうした場合は1ヶ月以上アイプチ使用を続けてもまぶたの皮膚に負担をかけるだけとなりますので、早めに見切りをつけて二重まぶた整形のできる美容クリニックに相談をするのが理想と言えるでしょう。