二重まぶたなら神戸のDESIGIN LABO Premium > 二重まぶたコラム > お役立ち > アイプチの仕上がりを良くするシャドウの塗り方

2017.02.26

アイプチの仕上がりを良くするシャドウの塗り方

アイシャドウ+アイプチで理想の目元を作る

アイプチによって自作した二重まぶたの違和感は、アイシャドウを活用することで自然にすることができます。またアイシャドウを使うとより目を大きく見せられますので、芸能人やファッションモデルのような目元に憧れる人にも、この2アイテムの活用は大変おすすめだと言えるでしょう。今回は、デカ目を目指す皆さんと一緒に、アイプチ使用時におけるアイシャドウの塗り方や注意点を確認していきます。

アイプチをきれいに塗るコツ

アイプチで作る二重まぶたの仕上がりを良くするためには、まずまぶたの汗や汚れをきれいに拭き取ってください。二重まぶたの持ちに繋がる接着剤は、あまりにもたくさん塗ってしまうと固まりが悪くなるため、注意が必要です。可能な限り薄く糊を塗ったら、軽く乾かしてから専用のプッシャーでグイッと一気に押し込むのが理想的なアイプチの使い方となります。

アイプチ使用のまぶたにシャドウを塗るコツ

アイプチとシャドウを併用する際には、アイシャドウの使用が後になります。指を使って力いっぱいゴシゴシとアイシャドウを塗ると、せっかくキープした二重が落ちてしまうこともありますので、専用チップを使ってポンポンと叩くように色を乗せていくのが理想と言えるでしょう。色を乗せる順序は、まぶたのくぼみが一番先です。3色ぐらいのカラーを使ってグラデュエーションを作ると、アイプチ使用で作った二重も自然な仕上がりになると言えそうです。

自分の目元に合ったシャドウを選びましょう

アイプチで作られた二重まぶたには、皮膚に馴染みやすいクリームタイプのアイシャドウがおすすめです。クリーム系のシャドウであれば、指先を使ってポンポンと軽く叩くだけで色を乗せられます。これに対して古い時代から存在しているパウダータイプは、汗や油分によってメイク崩れが生じやすい皆さんにおすすめのタイプです。近頃では、ペンシルタイプやジェルタイプのシャドウも多く発売されていますので、テスターを使って肌馴染みの良いものを探してみてください。

まとめ

アイプチによって作った二重の違和感や自信のなさも、色鮮やかなアイシャドウでグラデュエーションを作れば、上手に隠すことが可能と考えて良いでしょう。近頃ではアイプチの種類も多様化していますので、自分に合うアイテムを見つけて憧れの目元を作ってみてください。